阿波踊りの足運びを習う参加者=徳島市の阿波おどり会館

 阿波踊りシーズンを前に、徳島市の阿波おどり会館で5日、阿波踊り教室(徳島新聞社など主催)が始まった。7月10日までに計10回開かれる。

 5~81歳の男女168人が、男踊り、女踊り、三味線、笛、鉦、締太鼓、大太鼓の7講座に分かれて練習。県阿波踊り協会所属連の連員25人が、足運びや鳴り物の音の出し方などを指導した。

 女踊りに挑戦した上八万小3年西山采良さん(8)は「踊ってみると難しい。練習して柔らかく踊れるようになりたい」と話した。