映画「くちづけ」の一場面(©2013「くちづけ」製作委員会)

 性暴力の被害者を支援する団体「POWER(パワー)」は29日、徳島市のアスティとくしま内のときわプラザで、知的障害者を巡る問題をテーマにした映画の上映会を開く。

 映画は、俳優の貫地谷しほりさん、竹中直人さん主演の「くちづけ」(123分)。知的障害者の自立支援グループホームを舞台に、障害のある娘と元漫画家の父親が、障害者への性犯罪やえん罪、家族が直面する偏見などの問題と向き合うストーリー。

 県相談支援員専門員協会の堀本孝博会長による手話通訳付きトークセッションも行う。

 17年の設立後、団体初のイベントを催す久野淑子さん(51)は「障害のない人にも参加してもらい、現実を知ってほしい」と話している。

 NPO法人しあわせなみだ(東京)との共催。上映会は午後1時~4時。入場無料。問い合わせはパワー<メールtete.boutique88@gmail.com>。