米原―京都間で時速362キロを記録した東海道新幹線新型車両「N700S」の試験走行=6日夜

 米原―京都間で時速360キロの走行試験をするため、JR米原駅に入線する東海道新幹線の新型車両「N700S」=6日夜

 東海道新幹線に来年7月デビュー予定の新型車両「N700S」が、米原―京都間で時速360キロの走行試験を重ねている。5月24日に初めて成功し、6日深夜には5回目の試験を報道関係者に公開。試験は今月中旬まで続け、360キロで安定して走行できるかどうかや騒音、乗り心地の良さなどを確認する。

 N700Sは6日午後11時41分、米原駅を出発すると加速を続け、約8分後360キロに到達。その後、362キロまで速度は上昇した。

 360キロ以上で走行したのは約45秒間。JR東海の担当者は「高い走行性能を示すことができた。さらに高速技術を発展させたい」と話した。