四国知事会議が6日、愛媛県新居浜市であり、経営状況が厳しくなっている四国の鉄道網維持に向けて国の支援策を求める緊急提言を採択した。

 提言は「高速道路の延伸や人口減少で四国の鉄道ネットワークを維持することが一段と難しくなっている」と指摘。JR四国の経営の安定化を図るための新たな仕組みづくりや第三セクター鉄道路線への支援、収益源となる四国新幹線の早期実現を要望している。

 高知県の尾﨑正直知事が「四国の路線は全体でネットワークを成しており、一部が欠けると大きなダメージを受ける」と提案。徳島県の飯泉嘉門知事も賛同し、鉄道を基軸にバスやタクシーが連携した公共交通の再構築の必要性を強調した。

 このほか▽医師偏在指標に基づく医師確保対策▽消費者庁などの徳島移転実現▽参院選における合区の解消―など6件の緊急提言も採択した。