東京五輪・パラリンピックを来年に控え、「オリンピック讃歌」の訳詞で知られる徳島市出身の詩人野上彰(1909~67年)の詩集「前奏曲」(左右社、2592円)が刊行された。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。