サッカーJ2徳島ヴォルティスは、鳴門ポカリスエットスタジアムで行う8日の町田戦と22日の福岡戦の2試合で、J1湘南から今季加入したMF藤田征也選手考案の「エスプーマかき氷」を販売する。選手のアイデアをスタジアムに出店している屋台村店舗がメニュー化する「コラボグルメ」の第3弾。

 

 メニュー名は「徳島✕北海道 藤田征也のすだちホワイトかき氷」(550円、各試合50食限定)。「スクランブルコーヒー」が販売する。

 

 打ち合わせでは「古里の北海道と徳島の名産を使ったメニューにしたい」との藤田選手の要望を受け、スクランブルコーヒーが売りにしているかき氷をベースにしてコラボグルメを作ることに。

 

 後日、提案を受けたスクランブルコーヒーの担当者は、北海道産のクリームチーズを泡状のソースに、スダチをシロップにそれぞれ取り入れ、カップからあふれんばかりの大盛りかき氷にかけた試作品を用意。

 

 藤田選手は試作のかき氷を1口食べて「うまい!」とほほ笑み、今回のメニュー化が決定した。

 

 「見た目にもインパクトを」との狙いから当日はスダチを飾り付ける予定。

 藤田選手は「北海道と徳島の名産が一つになりました。ぜひ味わってください」とPRしている。