後半30分、右サイドから徳島の河田が決勝ゴールを決め勝利=鳴門ポカリスエットスタジアム

 明治安田J2第17節第1日は8日、鳴門ポカリスエットスタジアムなどで7試合が行われ、徳島ヴォルティスは1―0で町田を破った。通算成績は5勝6分け6敗の勝ち点21となり、暫定順位を13位に上げた。

 次節の徳島は15日午後6時から、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で11位の横浜Cと対戦する。

 [評]徳島は後半に挙げた1点を守り切り、5試合ぶりに勝利した。前半は町田のプレスに苦しみ、うまくチャンスをつくれなかった。後半はパスが回るようになり攻撃にリズムが生まれた。30分、自陣ゴール前から右サイドに展開し、MF杉本のスルーパスを受けたFW河田が相手をかわして右足でミドルシュートを決めた。終盤は長身選手を目掛けてロングボールを入れてくる町田に押し込まれたが、GK梶川や初出場のDF秋山らを中心に粘り強く守った。

J2第17節第1日 鳴門ポカリスエットスタジアム 観客4181人

徳島 0-0 町田
   1-0
   1-0

【得点】河田篤秀(後半30分)