アワビを使った創作料理「令・阿波美まつり」。「?」は日替わりの気まぐれメニュー=美波町西由岐の民宿ゆき荘

 美波町の「民宿ゆき荘」(西由岐)と「明山荘」(田井)が、町商工会女性部が考案した旬のアワビを使った料理の予約受け付けを始めた。7月末まで。

 料理は漁期に合わせた恒例の企画。今年は「令・阿波美まつり」(9品、1万800円)と、「和・阿波美づくし」(7品、6480円)の2種類を用意した。

 「令・阿波美まつり」は、アワビの刺し身やアワビの釜飯をはじめ、生きたサザエやアワビを網焼きする海賊焼き、新メニューのアワビの海鮮春巻きが並ぶ。日替わりの気まぐれメニューもある。

 「和・阿波美づくし」は、アワビの刺し身やアワビのステーキのほか、新メニューのアワビ入りのフォー(ベトナムの麺料理)などがある。

 予約は2人前から。問い合わせはゆき荘<電0884(78)0513>、明山荘<電0884(78)1717>。