苦しんだ背番号9が真価を発揮した。後半30分、河田はスルーパスに飛び出し、鋭い切り返しで相手をかわすと右足を一閃(いっせん)。スピード、コースとも文句なしの鮮やかなミドルを突き刺した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。