朝採れの卵を販売する生徒=三好市池田町州津の池田高校三好校

 生徒が作った農産物や加工品を販売する「まごころ市」が、三好市の池田高校三好校であり、大勢の買い物客でにぎわった。

 正門脇にある校内販売所で、生徒6人がマリーゴールドの苗やパウンドケーキ、朝採れの卵など7品目を50円~600円で販売した=写真。

 環境資源科3年の名西真朋さん(17)は「自分たちが作った物を手に取ってもらえてうれしい。いい経験になった」と話した。

 まごころ市は、生徒にビジネスの心構えなどを学んでもらうのが目的。次回は14日午前11時45分~午後0時15分。12月までに計9回開く。