[イカダ]<ウチノ海>10日、北の風。ヤカタで沖アミを餌にマダイ狙いは、40、42センチを2匹と38、40センチのチヌ2匹。各所で25、47センチを2匹。25~30センチを20匹。25、38センチを2匹。35センチのチヌ1匹と20センチ前後のアジ70匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けでサオを出した2人は、20センチ前後のマイワシ400匹。

 <由岐>9日、フカセ釣りで40、46センチのチヌ2匹と32センチのウマヅラハゲ1匹、25センチ前後のマダイ6匹。

 [磯]<大島>10日、上りのち下り潮。水温23・5度。イサギは、小坂東で27~38センチを8匹。チエバで22~25センチを30匹と30センチのグレ1匹。丸バエで27~36センチを6匹と27~31センチのグレ3匹。沖ソエは底物仕掛けで37~58センチのイシダイ3匹と31センチのイシガキダイ2匹。馬ノ背で25~36センチを13匹と31~39センチのグレ3匹。ホリモンは30センチを3匹と20センチのアジ11匹。別の人は底物狙いで43センチのイシダイ1匹。

 <高知・甲浦>10日、少し波が高かった。水温23・5度。エボシで底物狙いが42センチのイシダイと30センチのイシガキダイを各1匹。トビワタリで30~35センチのグレ3匹。小型のグレは多数。

 <中林>9日、北の風。エンバエ西で阿南市の佐野祐弥さんがハリス1・5号ウキ下3~4ヒロを探り、35、40センチのチヌ2匹と23~28センチのグレ4匹、25~30センチのアイゴ3匹。

 <由岐>9日、波風ともに穏やか。カツオバエで23~29センチのグレ11匹と30センチのアイゴ2匹。ムギバエは3人が23~40センチのグレ22匹、40~48センチのチヌ4匹、23~36センチのアイゴ7匹、25センチのシオ11匹。

 <愛媛・日振島>9日、北寄りの風が強く、少しうねりもあった。17番で阿南市の竹内さんがハリス1・5号ウキ下3ヒロで28~35センチのグレ10匹と52センチのカンダイ1匹。14番中で藍住町の福原健さんが35~43センチのグレ4匹。

 [波止]<高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>10日、北東の風で水温22・9度。沖向きの消波ブロックからルアーを投げて70センチのメジロ1匹、1メートルまでのシイラ10匹、ハガツオ数匹。

 <古牟岐港>8、9の両日、牟岐少年自然の家などが主催した釣り教室が親子19組48人の参加で行われた。沖アミを餌にウキ釣りで、初日は20センチ前後のシオやシマアジ、15センチ前後のガガネなど多彩な魚種が上がった。2日目は20センチ前後のサバの回遊や18センチ前後のグレ、8センチ前後のアジなど、2日間とも全家族に釣果があった。(県釣連盟報道部)