大塚食品は、大豆を使った肉不使用の「ゼロミート」シリーズ第2弾として、ハンバーグに続き『ゼロミート ソーセージタイプ』を関東エリア中心に18日(火)から発売する。

近年、人口急増による食糧不足や、家畜による環境への負荷、ベジタリアンやビーガンなどの増加もあり、肉代替食品が脚光を浴びている。

同商品は、肉の代わりに大豆を使用し、肉のような食感や味を実現している。一般的なウインナーソーセージとの違い、カロリー・脂質が低く、タンパク質が高い。

希望小売価格は税別398円。通信販売や、関東エリアのコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどを通じて販売される。