牟岐署は、不審者発見時の通報手順を児童に学んでもらう訓練を海南小で行った。

 4年生21人が参加。下校する際、校門付近にカメラを構えた不審者を見つけたとの想定で実施した。児童が携帯電話で110番し、署員扮する不審者の特徴や状況を伝えた。駆け付けた署員が不審者を職務質問し、身柄を確保した。

 110番した葛木心晴君(9)は「考えていたことと違う質問をされて焦った。手順がよく分かり勉強になった」と話した。