財務省と内閣府が13日発表した4~6月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がマイナス3・7となり、2四半期連続で「下降」が「上昇」を上回った。製造業がマイナス10・4となり、非製造業もマイナス0・4だった。

 大企業の先行きは7~9月期がプラス6・7、10~12月期はプラス0・4を見込んだ。中堅企業と中小企業の4~6月期の全産業はそれぞれマイナス5・3とマイナス15・0だった。

 BSIは景況感が「上昇」したとみる企業の割合から「下降」したとする企業の割合を差し引いた指数。調査時点は5月15日で、約1万2千社が回答した。