米ウーバー・テクノロジーズによるドローンを活用した料理宅配の初期実験の様子(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米配車大手ウーバー・テクノロジーズは12日、事前に登録した人が空き時間を使って飲食店の料理を家庭やオフィスに届けるサービス「ウーバーイーツ」で、小型無人機「ドローン」を活用する実験を西部カリフォルニア州サンディエゴの都市部で始めると発表した。

 ウーバーイーツは、利用者がスマートフォンのアプリで加盟飲食店に注文すると、事前に登録した配達員が車や自転車で料理を届ける仕組み。

 今回の実験では、注文を受けた飲食店がドローンに料理を積み込むと、ドローンが決められた着陸地点まで料理を届ける。近くの配達員が料理を受け取って利用者に届ける。