閣議に臨む(左から)河野外相、石井国交相、安倍首相、麻生財務相、鈴木五輪相=14日午前、首相官邸

 政府は14日、官民の総合的なデジタル戦略をまとめた「IT新戦略」を閣議決定した。全国に約20万8千基設置されている信号機を、第5世代(5G)移動通信システムの基地局の設置場所として利用できるようにすることが柱。高速大容量で、産業や生活など幅広い分野での活用が見込まれる次期通信規格の普及を後押しするのが狙いだ。

 政府は2020年度末までに全都道府県で5Gサービスを始める計画だ。米国や中国など世界的にも開発競争が熱を帯びる中、今後の国際競争力を左右する技術として、インフラの整備を急ぐ。信号機への基地局設置は25年度までに完了させる。