衆院財務金融委員会に出席した金融庁の三井秀範企画市場局長。左は麻生財務相=14日午後

 衆院財務金融委員会は14日、老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を巡り審議を開いた。金融庁の三井秀範企画市場局長は「配慮を欠いた対応で、このような事態を招いたことを反省するとともに深くおわびする」と謝罪。麻生太郎金融担当相は委員会の前に行った閣議後記者会見で、金融庁の対応に問題があったとの認識を示した。野党側は政府の責任を徹底追及する方針だ。

 麻生氏は会見で、報告書で問題となった「赤字」などの表記について「作成段階で『こういう表現はいかがなものか』と言えばよかった」と述べた。