衆院財務金融委で答弁する麻生財務相=14日午後

 麻生太郎金融担当相は14日の衆院財務金融委員会で、老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書に関し「取りまとめの表現の仕方に問題があった。重々反省して対応していきたい」と謝罪した。受け取りを拒否したことは「法令上の問題はない」と反論し、報告書が「政策遂行の参考になることはない」と強調した。野党は「選挙向けのパフォーマンスだ」と厳しく追及した。

 立憲民主党の大串博志氏は、報告書の試算が政府見解と異なるとする麻生氏の説明に対し「政府の通常使われている分析であり、政府のスタンスと違うというのはその場しのぎではないか」と指摘した。