教育現場の新聞活用を支援する徳島県NIE推進協議会の2019年度総会が14日、徳島市の徳島新聞社であった。19年度の実践指定校として日本新聞協会に推薦する小中高校計6校と、同推進協議会独自認定の3校を承認した。

 教育関係者や新聞・通信社などの15人が出席。事業計画では、8月1、2の両日、宇都宮市で開かれるNIE全国大会宇都宮大会に、実践指定校の教員4人を派遣することなどを決めた。

 役員改選を行い、会長に原卓志・鳴門教育大教授(再任)、副会長に東條正芳・県教委副教育長、岡本光雄・徳島新聞社理事編集局長(いずれも新任)を選んだ。

 19年度の実践指定校は次の通り。

 [日本新聞協会認定]鳴門教育大付属中(徳島市)池田高校三好校(三好市)=以上継続▽福島小、国府小、加茂名南小(以上徳島市)柿原小(阿波市)=以上新規

 [県NIE推進協議会独自認定]椿町中(阿南市)上八万中(徳島市)三庄小(東みよし町)