吉野川市鴨島町の吉野川医療センターは、NPO法人こどもの発達研究室きりんが運営する児童発達支援センター「きりん教室よしのがわ」(川島町)に5万3840円を寄付した。

 5月に医療センターで開いた「1日まちの保健室」のバザー収益金を充てた。三木真澄看護部長(55)=写真(左)=らが教室を訪れ、椎野広久理事長(60)に寄付金を渡した。文房具や玩具などの教材購入費に充てる。

 寄付は昨年に続いて2回目。三木部長は「互いに協力し合える存在となるよう、つながりを深めたい」と話した。