完成披露式典が行われた海の森水上競技場=16日午前、東京都内

 海の森水上競技場の完成披露式典でテープカットする東京都の小池百合子知事(中央右)ら=16日午前、東京都内

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌーの会場として東京都が新設した「海の森水上競技場」(東京都内臨海部)の完成披露式典が16日、行われ、都の小池百合子知事が「アジア最高峰の水上競技場としていきたい」とあいさつした。

 東京湾の埋め立て地「中央防波堤」の水路を活用した競技場は、長さ約2300メートル、幅約200メートル。東西に締め切り堤を整備して波の浸入を防ぎ、コースの両サイドには波を抑える消波装置も設けた。常設の観客席は約2千席。大会時は仮設席や立ち見席を含め最大約1万6千人を収容する。整備費は約308億円。