15日の県内は、発達中の低気圧の影響で、県南を中心に大雨が降った。前日からの強い風で渡船は休業。安全な波止では釣り人が見られた。

 [波止]<今切川>14日、河口周辺で16時から3時間、沖アミを餌にフカセ釣りで40~49センチのチヌ3匹と35センチ前後のキビレ2匹。

 <新町川>15日、かちどき橋で17時から2時間、バイブレーションとシンキングミノウを使い、62センチのスズキ1匹。アタリやハリ外れが多数あった。両国橋下流で20時から30分、アオイソメを餌に35~40センチのキビレ3匹。

 <赤石東ふ頭>15日、サビキ仕掛けでアジ狙いは、昼までに6~11センチのアジ500匹。別の人は同型を300匹と25~26センチのツバス3匹。

 <中林>15日、サビキ仕掛けで6時から2時間、7~10センチのアジ200匹。周りの人らも100匹以上釣れていた。

 <中浦緑地公園>15日、サビキ仕掛けで11時から2時間、7~11センチのアジ300匹。周辺では、終日多くのアジが釣れているようだ。

 [磯]<大島>14日、下り潮で水温22度。ノコギリの地は底物仕掛けで45センチのイシダイと30センチのイシガキダイを各1匹。桃オチはフカセ釣りで35センチのイサギ2匹。12時に撤収した。

 [友釣り]<勝浦川>15日、笹濁りで水量は平水より30~40センチ高。雨が降り、昼すぎからさらに増水した。福原橋下流で15~19センチのアユ25匹。周辺の人らは同型を7匹まで。(県釣連盟報道部)