日本中央競馬会(JRA)は16日、禁止薬物のテオブロミンを含む飼料添加物「グリーンカル」を摂取した可能性があるとして15、16日に競走除外となった156頭全馬に対し、22、23日のレースで優先出走権を付与すると発表した。

 また「グリーンカル」が納入されていた厩舎で宝塚記念(G1)を含む22、23日のレースに出走を予定している競走馬に対して薬物検査を実施。15、16の両日で365頭(美浦74頭、栗東291頭)から検体を採取したことも明らかにした。出走申し込みの締め切り(20日)までに検査は終了する予定。