阿南市長生町の障害者支援施設「西室苑」の利用者8人が、施設の農地で藍の苗を植えた。7月末から10月上旬にかけて収穫と乾燥の作業を行い、乾燥葉約100キロの出荷を目指す。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。