徳島青年会議所(JC)は7月14日、コンピューターゲームや仮想現実(VR)体験が楽しめる「とくしまeスポーツフェスティバル~闘電街(とうでんがい)~」を徳島市の東新町商店街で開く。スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」を親子チームで対戦する大会もあり、その予選会の参加者を募集している。

 フェスは商店街の空き店舗を活用し、モンスターストライクの大会を開くほか、プログラミング体験やミニドローンの操作体験、ボードゲームなど約20種類のブースを設ける。

 また、10月の茨城国体の文化プログラムとして初開催されるeスポーツ選手権・ウイニングイレブン部門に出場する徳島県代表と兵庫県代表のチャレンジマッチを実施。子どもを対象に徳島市出身の女性プロゲーマーたぬかなさんとの対戦コーナーもある。

 フェスでのモンスターストライクの大会に出るには、6月29日に徳島市万代町5のカフェ「NORTHSHORE徳島店」で開く予選会で上位4組に残る必要がある。対象は小学生以上の子どもと親または祖父母の2人一組。定員は16組32人で、応募が多い場合は抽選になる。

 予選会への出場は、徳島eスポーツ協会のホームページから申し込む。無料。締め切りは19日。問い合わせは徳島青年会議所<電088(623)1478>。