結婚を報告する瀬尾さん(右)と瀬戸内さん=京都市の寂庵

 徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(97)が16日、京都市の寂庵で法話の会を開き、秘書の瀬尾まなほさん(31)の結婚を報告した。

 相手は一般男性で、8日に京都市で挙式した。瀬尾さんは2011年に寂庵に就職し、最近は秘書業のほか、エッセー執筆やテレビ出演をこなしている。瀬戸内さんは「スペインへの新婚旅行から帰ってきたばかり。これからこき使ってやろう」と冗談を飛ばしながら祝福した。

 瀬尾さんも顔を見せ「結婚式に瀬戸内が来てスピーチしてくれる夢がかなった」と喜び、式に合わせて発売したエッセー「寂聴先生、ありがとう。」をPR。瀬戸内さんは「商売人ね。抜け目がない」と笑った。