[イカダ]17日、ヤカタで沖アミを餌にマダイを狙った人が、ハリス2号チヌバリ4号で44、48、70センチを3匹と35センチのチヌ、キビレを各1匹。別のヤカタでも40センチ前後のチヌとキビレ合わせて4匹。10時ごろからサヨリを狙った人が25~36センチを150匹。

 [磯]<中林>17日、エンバエ西の胴でウキ下2~4ヒロで24~27センチのグレ3匹と23~27センチのマダイ6匹。

 <大島>17日、下り潮が上り潮に変わった。水温22・4度。ソエバで底まきカゴ仕掛けで阿南市の人が、28~38センチのイサギ11匹と38センチのマルソウダ1匹。ヒッツキで2人が25センチのグレ1匹と29~32センチのイサギ6匹。屋形で底物狙いは55センチのイシダイ1匹と30、35センチのイシガキダイ2匹。別の人も41センチのイシダイ1匹。

 <高知・宿毛>16日、磯は未確認だが、阿波一風の福岡伸治さんが2カ所で市販の加工沖アミ、ネリ餌、コーンを使い分け、ハリス1・7号チヌバリ3号で28~40センチのチヌ10匹と35~45センチのへダイ5匹。同行の人は港近くの磯で40センチのへダイ1匹。別の人も無名磯で28~42センチのチヌ8匹と30センチのサンバソウ1匹、38センチのオオモンハタ1匹、27、30センチのグレ2匹。

 [潮入り川]<日和佐川河口>17日、6時から6時間ほど徳島TFTの林裕之さんが、左岸の岸壁で沖アミとコーンを使い分け、ハリス1号グレバリ4~5号で47~50センチのチヌ3匹。20センチ前後の小サバが多く釣りづらかったが、良型チヌの他に35~40センチのグレも数匹、マキ餌に群がる姿が見えたので今後が楽しみである。

 [ルアー]<高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>17日、北東の風で水温23・3度。沖向きの消波ブロックで60センチ前後のシイラ1~3匹。ハガツオやカンパチのアタリもあったがハリ外れなどで取り込めなかった。

 [投げ釣り]<四国内>16日、徳島協会投げ釣り大会が行われ、30人が参加。キス1匹の長寸と7匹の重量のそれぞれの順位の合計で競った。受け付けを済ませて各ポイントへ移動し、津田海岸へ13時までに戻り計量。東かがわ市安戸池で徳島キャスターズクラブの古枝直輝さんが長寸26・9センチ、重量634グラムで1位。日和佐港で悠友サーフの吉平富久さんが26・4センチ、662グラムで2位。椿泊で徳島鱗友サーフの矢野勝彦さんが25・4センチ、574グラムで2位。他魚では58・8センチのマゴチが目を引いた。(県釣連盟報道部)