わいせつ行為などの犯罪で刑事罰を受けた保育士について、神奈川、岐阜、愛知の3県が、児童福祉法に基づく保育士の登録の取り消しをしていなかったことが18日、分かった。