四国経済連合会と阿波銀行など四国の地銀4行による四国遍路の世界遺産登録を見据えた調査の結果、遍路の数が、レジャーの多様化や団体客の減少などで10年前に比べて4割減っていることが分かった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。