一時保護した10代の無職少女に3月、たばこを買い与えたとして、千葉県警が未成年者喫煙禁止法違反の疑いで、県柏児童相談所に勤務していた女性職員2人を書類送検していたことが19日、県警への取材で分かった。14日付。県警によると、いずれも容疑を認め「少女から求められて渡した」と供述している。

 柏児相を巡っては、1月に同県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が死亡した虐待事件で、一時保護解除や解除後に一度も自宅訪問しなかった判断などが問題化。県の検証委員会が2月21日に初会合を開き、対応の調査を始めていた。