鳴門市のごみ処理施設「クリーンセンター」(瀬戸町堂浦)から出る一酸化炭素(CO)の測定機器が2008年の稼働時から国の基準値以上の濃度を反映しない設定になっていた問題で、市は19日、地元住民でつくる…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。