高齢ドライバー問題に言及した市村正親 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の市村正親(70)、草苗光子(85)、堀部圭亮(53)が20日、東京・新宿の紀伊國屋ホールで行われた舞台『ドライビング ミス デイジー』の取材会に出席した。

【写真】舞台衣装で出席した市村正親ら

 アカデミー賞をはじめ、数々の賞に輝いた不朽の名作映画を舞台化。長年勤めた教職を退いた未亡人・デイジー(草笛)は、ある日運転中に危うく事故を起こしかける。母の身を案じた息子・ブーリー(堀部)は、彼女専用の運転手として初老の黒人・ホーク(市村)を雇うが、デイジーは乗車拒否を続け…。22日から7月15日まで同所で上演。

 草笛が「85歳にもなって、こんな大役を頂いて、めくるめく思いです。神様から頂いた大切なお仕事なので、この歳なりに頑張ろうと覚悟しています」と意気込むと、堀部も「53歳で最年少。フレッシュな気持ちでやらせてもらっています」と気合十分。

 「草笛さんとは、25年ぶりの共演」と話した市村は「もう最高ですよ」と共演を楽しんでいる様子。黒塗りのメイク姿も印象的で「ゴルフで(肌が)焼けちゃったよ」とジョークを交えつつ「メイクは、1時間20分くらい掛かってます」と明かした。

 昨今、高齢ドライバーの事故が絶えない。冒頭から車が衝突するシーンがあるといい、草笛は「毎日、新聞を見るたびに嫌だなと…。冷や汗が出ています」と苦笑い。劇中で高齢ドライバーを演じる市村は「最近、高齢者の運転がどうのこうの言われてる。うちの妻(篠原涼子)は『運転しない方がいい』と。その辺は、難しいですよね。歳がいってる人だけでなく、若い人(の事故)も多い。これは本人の自覚、意識の問題ですね」と話していた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。