大学時代の後輩アナの“追及”に苦笑いしていた長友佑都 (C)ORICON NewS inc.

 サッカー日本代表の長友佑都選手が20日、自身がプロデュースを手がけた食事法『FAT ADAPT』発表会を行った。

【写真】”自身プロデュース”食事法『FAT ADAPT』を出版した長友佑都

 長友選手が、2017年より取り組んでいる「ファットアダプト食事法」は、スポーツアスリートを目指す人から、仕事を日々頑張る人、健康目的やダイエットをしている人まで、日々のパフォーマンスを上げたいすべての人に向けて提供するプログラムとなっている。

 大学時代の後輩にあたる、日本テレビの山本紘之アナウンサーから「(食事法の効果は)奥様(平愛梨)のお料理のおかげですか?」と直球で質問を受けると「いや、それはもう、みんなのサポートのおかげ。基本的には、シェフがすべて管理してくれていますので」とにっこり。

 山本アナから「奥様も健康美を保っている?」とさらなる追及を受けると「だいぶツッコんでくるな」と苦笑いを浮かべながらも「一緒のような食トレをしているので。まず、風邪とかまったくひかないんですよね。もともと強かったのもあるんですけど、そこから『肌の調子とかも良くなった』と言ったりしています」と効果を明かしていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。