中国の習近平国家主席(左)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】中国の習近平国家主席は20日、北朝鮮・平壌を初めて公式訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と会談した。中国国営中央テレビが伝えた。中国主席の訪朝は14年ぶり。習氏は非核化に向けた北朝鮮の努力を評価、米朝協議の継続を「国際社会が期待している」と対話を促した。一方、金氏は非核化への措置を取ったにもかかわらず「関係国の積極的な反応がない」と米国に不満を表明、米朝が共に合理的な解決法を探るべきだとの考えを示した。滞在は2日間。

 金氏は、李雪主夫人と共に平壌国際空港で習氏を出迎えて握手を交わし、国賓として破格の対応で歓待した。