茅の輪をくぐる参拝者=美波町日和佐浦の日和佐八幡神社

 美波町の日和佐八幡神社で、無病息災を願う神事「茅の輪くぐり」に向けた準備が行われた。「茅の輪くぐり」は30日に行われる「夏越の大祓」で営まれる。

 氏子と永本金二宮司ら10人が、芯となるパイプにカヤの葉を巻き付けて直径約2・5メートルの輪を作り、鳥居の下に据え付けた。鳥居の横には茅の輪くぐりの作法を説明した看板を設置した。

 茅の輪くぐりは、神前に向かってまず左に回り、次に右、最後に左へと「8」の字を描くように3回輪をくぐると、その年の上半期の罪やけがれが清められるという。永本宮司は「多くの人にくぐってもらい、夏の暑さを乗り切ってほしい」と話した。