徳島中央署は21日、県迷惑行為防止条例違反(嫌がらせ行為の禁止)の疑いで、徳島市住吉6、自称アルバイト従業員(53)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年10月25日午前6時ごろと11月6日午前5時10分ごろの2回、徳島市の60代知人男性宅の外階段に、自身の尿をまき散らしたとしている。

 署によると、容器に入れた尿をまいていた。防犯カメラの映像などから容疑者が浮上した。「分かりません」と容疑を否認している。