マクドナルドのイベントに参加した、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、西村瑞樹 (C)oricon ME inc.

 お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、西村瑞樹が25日、都内で行われた日本マクドナルド『「超ハワイイ!!!」ハワイアンバーガーズPR発表会』に登場。これまでハワイに4回行っている小峠は、「日本語も通じるし、カラっとした暑さで大好き」と、ハワイの魅力をアピールした。

【写真】「キャンプ9割、ハワイ1割」バイきんぐの西村、自身の“光営業”をアピール

 本イベントで新作バーガーを味わったバイきんぐの2人。“ハワイに詳しい”と自認する小峠は「ハワイ気分が味わえる」と笑顔。西村は「ポロリ(お腹ペコペコ)」、「オーノ(おいしい)」などとハワイ語を駆使してコメント。だが、小峠から「台本そのままじゃねーか!」とツッコまれる場面も。

 囲み会見では、所属事務所は違うものの、雨上がり決死隊の宮迫博之ら芸人たちが“闇営業”問題で謹慎処分となった一件を聞かれ、小峠は「あそこまで話がでかくなっちゃうと、そういう手段を取らざるを得なかったのかな。僕はあのまま何もなくテレビに出るよりは、一度こういう機会を設けた方がよかったんじゃないかと思います」と持論を披露。続けて、「優しくて大好きな人たちなので、復帰してまた一緒にお仕事をさせていただければ」と願った。

 西村は「同じ芸人として、先輩に誘われて、自分だったらどうかっていうことを考えたら、行っていたかもしれない。今後はこれを勉強にして、気をつけたいと思います」と語り、今回の件を教訓とすることを誓った。

 だが早速、小峠は西村に「お前、土日、キャンプの営業に行ったの事務所、通してないだろ!」とうそぶいてネタにすれば、西村も「バリバリ“光”だわ!」と“光営業”として事務所を通した正規の営業だと強調。続けて西村は「最近は、キャンプ関連の仕事が9割、残り1割が今回のハワイで、お笑いはナシ」と話して、報道陣を笑わせていた。

 7月3日からハワイ州観光局の公認を得た「チーズロコモコバーガー」「ガーリックシュリンプバーガー」「ハワイアンバーベキューポークバーガー」「シャカシャカポテト旨辛ホットチリ」「<朝マック>チーズロコモコマフィン」の5種類の商品を発売される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。