”ルネッサ~~ンス!”を披露する髭男爵・山田ルイ53世 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世が25日、都内で行われた映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』イベントに出席した。

【写真】”シンクロポーズ”を披露する髭男爵・山田ルイ53世

 同作は、実際にスウェーデンに実在する男子シンクロナイズドスイミングチームをモデルにした人間ドラマ。生き悩む8人の冴えないおじさんがシンクロチームを結成し、世界選手権出場を目指すストーリーで、ヨーロッパのトップ俳優たちが裸一貫で魅せる“不恰好な人間臭さ”が見どころとなる。

 「ルネッサ~~ンス!」などとワイングラスを手に持ち貴族ネタを展開している山田。フランス映画ということで今回のイベントに呼ばれて「2019年に貴族のネタの設定で呼ばれるとは思いませんでしたけど…」と自虐ネタを展開しながらも感謝。

 すると身近な“フランス”ネタを展開し「昔、事務所公式サイトのプロフィール欄に『パリのシャンゼリゼ通り出身』と書かれていたのですが、事務所がもう諦めたのか去年あたりから普通に“兵庫県”になりました」と、所属事務所がキャラ設定を守らなくなったことを明かし嘆いていた。

 また、山田は先日、第2子次女が誕生。「今は夜泣きの真っ最中で、3時間交代で見張りですよね…」と私生活は子育てに奮闘中と告白。長女の時は抱っこする際は手元が低い位置だったそうだが「次女はこれくらいの位置(首元)じゃないと泣き止まない。若干の社交ダンス感があって、今は背筋がバキバキです」とあやし方に苦労していると話し笑いを誘っていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。