三好市三野町で生まれ、戦国時代に畿内を支配した三好長慶の居城「飯盛城」(大阪府大東、四條畷両市)に石垣が多用されていたことが25日、大東市教育委員会の調査で分かった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。