千葉小4女児虐待死事件の判決で、千葉地裁は、母栗原なぎさ被告が、父勇一郎被告による「虐待を認識しながら、行政機関や警察に通報せず、放置した。指示を受け食事を与えなかった」と認定した。