1180万円を詐取したとして逮捕された京都府警の巡査長が、被害男性に「犯罪に関するお金の可能性がある」とうその説明をしていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。