千葉小4女児虐待死事件の判決で、千葉地裁は、母栗原なぎさ被告について「救いの手を差し伸べられる唯一の存在だったが、父勇一郎被告に迎合した。何度も女児に救いを求められたが、目を背けた」と指摘した。