2017年ごろから相次いだメーカーの検査不正問題で、原子力規制委員会は26日、これらのメーカーの不正製品が国内の全17原発に加え、福井県にある高速増殖原型炉もんじゅにも納入されていたことを公表した。