長崎市の爆心地公園で献花するEUのトゥスク大統領=26日午後

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて来日中の欧州連合(EU)のトゥスク大統領は26日、被爆地・長崎市を訪問した。原爆資料館を見学したほか、爆心地公園で原爆落下中心地碑に献花し、犠牲者を悼んだ。市によると、EU大統領の公式訪問は初めてという。

 トゥスク氏は同日午後、広島も訪問。原爆被害の惨状を世界に訴え、核兵器廃絶の動きを推進させようと、長崎と広島両市がG20サミット参加国首脳に訪問を要請し、トゥスク氏が応じた。

 献花後の演説で、北朝鮮やイランの情勢に触れ「長崎の出来事を無駄にしないため、超大国のリーダーは責任を負っている」と力を込めた。