[イカダ]<ウチノ海>25日、波風ともに穏やか。市販のネリ餌とサナギを餌に、中央周辺で29~39センチのチヌ8匹と30センチのキビレ1匹。

 <由岐>24日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで27~31センチの本ハゲと25センチ前後のシオを各11匹、35、40センチのアイゴ2匹、25~28センチのマダイ6匹。

 <宍喰>25日、沖の2号カセで2人がウキ下サオ2~3本で30~38センチのイサギ13匹。

 [波止]<東沖洲>24日、新町川河口左岸でタチウオが食いだした。19時すぎから冷凍のキビナゴを餌に電気ウキ仕掛けで、ウキ下2~2ヒロ半で指幅4本前後を5匹。別の人は3~5匹。前日には早朝、3時間ほどテンヤ仕掛けで同型を6匹。

 [潮入り川]<牟岐川河口>25日、左岸の岸壁で4時40分から8時間で、市販の加工沖アミを餌に阿波一風の福岡伸治さんが42~52・5センチのチヌ8匹。同行の人も45~48センチを主体に27~51センチを11匹と25センチのヘダイ1匹。

 [友釣り]<海部川>25日、平水で濁りはほとんどなかった。大比周辺で12時から4時間で13~22センチのアユ11匹。24日には荒瀬周辺で8時から7時間で14~17センチを19匹。支流の相川谷で同時刻で12~18センチを21匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>25日、波風ともに穏やかだった。水温21度。乗合船でタイラバージグを使い、40~55センチのマダイ12匹と55センチのヒラメ、45センチのキジハタを各1匹。別の2人は40~63センチのマダイ13匹と35センチのキジハタ2匹。

 <牟岐沖>25日、波風ともに穏やか。下り潮で水温22・5度。ウキ下6ヒロのフカセ仕掛けで30~38センチのイサギ27匹と45センチのヒラソウダ2匹。

 <宍喰>25日、波風ともに穏やか。水温22・6度。仕立船で2人が28~39センチのイサギ45匹と40~43センチのグレ3匹。(県釣連盟報道部)