5年ぶり共演でラブラブぶりを発揮した(左から)豊川悦司、妻夫木聡 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の豊川悦司と妻夫木聡が26日、都内で行われた映画『パラダイス・ネクスト』(7月27日公開)ジャパンプレミア舞台あいさつに登壇した。妻夫木が半野喜弘監督とともに立ち上げた同作で、妻夫木と映画『ジャッジ!』(2014)以来5年ぶりに共演した豊川。妻夫木が携わっていたこともオファーを受けた理由の一つだと明かし「僕もブッキーが大好き。女だったら恋してる」とメロメロの様子で語った。

【動画】撮影現場エピソードを語る豊川悦司&妻夫木聡

 豊川とは共演以前にプライベートで親交のあったという妻夫木は「今度はガッツリやりたいね、と『ジャッジ!』のときに言ってくださって、いつかこういう日が来たらいいなと十何年前に初めてお会いしたときから思っていたので、ようやくその夢がかなった気分」と感無量。「豊川さんはお兄ちゃんのように甘えさせてくれる存在なので、今回は甘えさせてもらった」とこちらも信頼を寄せた。

 全編台湾ロケで撮影された同作は、異国の地で孤独な男たちの運命が交わるノワール・サスペンス。世間から身を隠すように生きる男・島を豊川、島の前に突然現れたお調子者でなれなれしい男・牧野を妻夫木が演じる。

 台湾ロケでは「ほぼ毎日会っていた」という2人。妻夫木は「誘うとかもなく『きょうどうします?』みたいな感じ」といい、豊川が「『5時にフロントで』みたいなね。お店が2つ、3つしかなかった。ワンタン麺の店と大衆食堂の店」と思い返すと、妻夫木は「あっちにもありました。居酒屋で外のテラスがある…」と二人にしかわからない話題で盛り上がり。豊川は「そんなこんなで楽しい旅行でした」と満喫したように微笑んだ。

 終始、仲むつまじげな2人に写真撮影ではカメラマンから握手のポーズのリクエストが飛ぶと、恥ずかしそうにしながらも見合い思わず破顔する妻夫木と豊川の姿に、会場からは「かわいい!」の声があがり、拍手までも巻き起こっていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。