テレビ東京系音楽特番『テレ東音楽祭2019』に出演したHARAとChuning Candy

 今月22日、日本でソロ活動をスタートさせることを発表した元KARAのハラことHARAが26日、5時間にわたって生放送されるテレビ東京系音楽特番『テレ東音楽祭2019』(後5:55~10:54 ※一部事前収録あり)に生出演し、仕事復帰した。歌唱前には笑顔で「ハラはものすごく元気です」とファンに呼びかけた。

【写真】笑顔でハートマークを作ったHARA

 テレビ出演が、韓国ソウル市内の自宅で自殺未遂したことが報じられた5月26日以来となるハラは、スタジオへ呼ばれると「よろしくお願いいたします」と微笑み「ちょっと緊張しているんですけど、皆さんご無沙汰しております」とあいさつ。

 司会の国分太一が「日本中の皆さんが心配されたところもあるんですけど、今は大丈夫ですか?」と聞くと「ご覧の通り、ハラはものすごく元気です」と伝え「ハラらしい歌手として、一生懸命活動していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」とファンにメッセージをおくった。

 この日は、2010年の日本デビュー曲「ミスター」を披露。所属事務所・プロダクション尾木と契約するきっかけともなった沖縄出身のガールズグループ・Chuning Candyとのコラボで第2次韓流ブームの火付け役ともなった“ヒップダンス”で魅了した。

 SNS上でも「ハラちゃん元気に日本語話してて良かった!」「ハラちゃんおかえり~!! かわいかった!!」「ちょっとヒヤヒヤしたけど元気そうでよかった」「ハラちゃんめっちゃかわいかったわー」などのコメントが相次いだ。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。