四国電力は26日、高松市の本店で株主総会を開き、原発に反対する四国4県の個人株主でつくる「未来を考える脱原発四電株主会」から提案された原発事業からの撤退を求める4議案を全て否決した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。