徳島県内の交差点で2014~18年の5年間に発生した人身事故のうち、右折車が過失が最も重いとされたケースが4分の1を占めることが、県警のまとめで分かった。約4割を占める直進時に次いで多い。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。