徳島市のスーパーなど4カ所での支払いに偽の1万円札を使ったとして、徳島県警捜査2課と徳島中央署は26日、偽造通貨行使の疑いで、同市中島田町3、会社員の女(36)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は5月5日午前1時半から3時の間に、徳島市のスーパー、たこ焼き店、書店、ラーメン店の計4カ所で偽1万円札を1枚ずつ使ったとしている。

 署によると、スーパーでは緑茶、菓子、タバコなど12点(約2200円)、たこ焼き店でたこ焼き1パック(約400円)、書店で雑誌1冊(約800円)、ラーメン店でギョーザなど3点(約1300円)の支払いに偽札を使った。

 同日午前2時20分ごろ、書店の従業員が「本を買った女から受け取った1万円札に透かしがなく、印刷が裏表で上下逆になっている」と110番。防犯カメラの映像などから容疑者が浮上した。

 県警は5月5日午前2時15分ごろに書店で偽札を使った疑いで6月6日に逮捕。徳島地検は26日、偽造通貨行使罪で起訴した。県警は同日、残る3カ所で偽札を使った容疑で再逮捕した。

 たこ焼き店では、偽札と気付いた従業員がその場で本物の札と交換させ、後で通報。スーパーも後で偽札に気付いて通報した。ラーメン店は容疑者の供述で分かった。4カ所で使われた偽札はいずれも同じ記番号で、うち2枚が裏表で上下逆だった。

 当初、容疑を認め「お金がなく、生活が苦しかった。自宅のカラープリンターで作った」という趣旨の供述をしていたが、再逮捕後は黙秘している。県警は容疑者宅から偽造したとみられる1000円札10枚を押収した。通貨偽造の疑いでも捜査している。